向井理、武井咲、中山優馬、芦田愛菜ら旬の4人の“恐怖顔”を目撃せよ

 向井理(29)、武井咲(17)、NYCの中山優馬(17)、芦田愛菜(7)という今最も旬の4人の俳優が、9月3日放送のフジテレビ系夏恒例ドラマ「ほんとにあった怖い話」に初出演することが16日、分かった。
a0223592_12351536.jpg

 「ほんとに-」は1998年にスタートし、今年で12周年を迎えるオムニバス形式のホラーミステリードラマ。SMAP、稲垣吾郎(37)扮するナビゲーター役の「ほん怖クラブ」館主が4作を紹介する。
a0223592_12352850.jpg

 4人は、全員がホラー初挑戦。大ヒットドラマ「マルモのおきて」で、子役離れした演技力を発揮した芦田は「怖いお話ですが、一生懸命お芝居をしています。楽しみにしていてください」と気合十分。「見る側の時は、怖い場面で目をつぶってしまう」と告白する武井、「幽霊に対する監督のこだわりがすてき。期待に応えたい」と意欲を示す向井ともども、“恐怖顔”を披露した。
a0223592_12353957.jpg


 フジの後藤博幸プロデューサーは、「2011年を象徴する旬なキャストのみなさんの恐怖の表情にご期待ください」と期待を寄せている。
[PR]

by enni2011 | 2011-08-17 12:35 | テレビ