亀梨和也「史上最強のドリームボーイズになってます」

帝国劇場100周年記念公演「DREAM BOYS」(作・構成・演出=ジャニー喜多川)に主演中のKAT―TUN・亀梨和也(25)が4日、東京・丸の内の同劇場で会見した。

a0223592_1018480.jpg


 2年ぶりの公演で、亀梨は中国雑技団直伝の新フライング「険勝好運舞空大回転」(危険と隣り合わせの中、持ち前の力で空を舞う大回転フライングの意)を披露した。バンジージャンプを取り入れた回転技で、腹筋や腕の力が必要不可欠な大技。難易度が高く、プロの雑技団員でも習得に4か月以上かかるが、亀梨は20日間でマスターした。

 ジェットコースターすら苦手という亀梨は「正直、今までで一番怖いです。でもやるしかない。100周年という責任を感じてやっています。史上最強のドリームボーイズになってます」と気合十分。ジャニー喜多川氏は「外国に持って行っても評価されると思う」と海外進出を示唆した。ほかに田中聖、中丸雄一、真琴つばさ、鳳蘭らが出演。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-05 10:18 | エンタメ総合