亀梨、日テレ系「妖怪人間ベム」制作発表

  KAT―TUNの亀梨和也(25)が主演する日本テレビ系「妖怪人間ベム」(22日スタート、土曜・後9時)の制作発表が14日、神奈川・川崎市内で行われた。

  人気アニメの初実写化となる同ドラマでベムを演じる亀梨は、ふん装姿で登場。「こっちでいる方が長いので、普通に亀梨でいる方が違和感がある。心は妖怪に染まってます」と、すっかり役になりきっている様子。帽子で隠したおでこには角があり、特殊メークには2時間半もかかるという。

  ベラ役の杏(25)は「マントに襟をつけるなど、少しでも現代風に見えるようにしています」。ベロ役の鈴木福(7)は「片手で逆立ちするシーンでは頭に血が上ってクラクラしました。頑張ってるので見てほしいです」。3人の息はぴったりで、収録現場での朝のあいさつは「おはようかい!」だとか。亀梨は「KAT―TUNのメンバーに会った時に『ウィース。おはようかい』と普通に言ったら、シーンとなってしまった。はやらせたいですね」と笑わせた。

  ほかに柄本明(62)が「名前の無い男」役、北村一輝(42)が夏目刑事役を演じる。
[PR]

by enni2011 | 2011-10-15 12:23 | テレビ