沢尻エリカ、新CM発表会で離婚問題を“警笛”で一蹴

  女優の沢尻エリカ(25)が17日、都内で行われたチョコレートバー「スニッカーズ」の新CM発表会に出席。報道陣から夫のメディアクリエイター・高城剛氏(47)との聞かれると、サッカー用ホイッスルを「ピーッ!」と吹き、一蹴した。

  この日、放送がスタートの新CMは、空腹のサッカー少年が不機嫌な「エリカ様」になってしまう、というもの。スライディングタックルで倒され、ボールを蹴り飛ばすさまをユーモアたっぷりに演じている。

  「おもしろくて、おもしろくて『やりたい!』と思った。これは来たな、って」と沢尻。「(今まで)クールビューティー系のCMが多かった。自分でも笑っちゃうくらい、自然体でラフな感じ(のCM)は楽しかった。芝居の分野でも、面白みのある笑える役をやってみたい」と語った。
a0223592_16214543.jpg


  高城氏と離婚できる“Xデー”の5月17日から5か月が過ぎたが、いまだ進展なし。離婚関連の質問には、隠し持っていたホイッスルを取り出して“警告”。してやったりの表情で報道陣をけん制した。

  また、18日発売の写真誌「フラッシュ」にタレント・岩佐真悠子(24)、暴力団関係者との3ショット写真が掲載されている。04年に六本木のクラブで撮られたもので、当時、沢尻は18歳、岩佐は17歳だった。記事の中で沢尻は「その人物が暴力団関係者だったとは知らなかった」と説明しており、事務所関係者も「過去も現在も、お付き合いはございません」と話した。
[PR]

by enni2011 | 2011-10-18 16:22 | エンタメ総合