カテゴリ:エンタメ総合( 78 )

沢尻エリカ、新CM発表会で離婚問題を“警笛”で一蹴

  女優の沢尻エリカ(25)が17日、都内で行われたチョコレートバー「スニッカーズ」の新CM発表会に出席。報道陣から夫のメディアクリエイター・高城剛氏(47)との聞かれると、サッカー用ホイッスルを「ピーッ!」と吹き、一蹴した。

  この日、放送がスタートの新CMは、空腹のサッカー少年が不機嫌な「エリカ様」になってしまう、というもの。スライディングタックルで倒され、ボールを蹴り飛ばすさまをユーモアたっぷりに演じている。

  「おもしろくて、おもしろくて『やりたい!』と思った。これは来たな、って」と沢尻。「(今まで)クールビューティー系のCMが多かった。自分でも笑っちゃうくらい、自然体でラフな感じ(のCM)は楽しかった。芝居の分野でも、面白みのある笑える役をやってみたい」と語った。
a0223592_16214543.jpg


  高城氏と離婚できる“Xデー”の5月17日から5か月が過ぎたが、いまだ進展なし。離婚関連の質問には、隠し持っていたホイッスルを取り出して“警告”。してやったりの表情で報道陣をけん制した。

  また、18日発売の写真誌「フラッシュ」にタレント・岩佐真悠子(24)、暴力団関係者との3ショット写真が掲載されている。04年に六本木のクラブで撮られたもので、当時、沢尻は18歳、岩佐は17歳だった。記事の中で沢尻は「その人物が暴力団関係者だったとは知らなかった」と説明しており、事務所関係者も「過去も現在も、お付き合いはございません」と話した。
[PR]

by enni2011 | 2011-10-18 16:22 | エンタメ総合

綾瀬はるかの美肌に触れて桃井が仰天

  優の桃井かおり(60)と綾瀬はるか(26)が17日、都内で高級化粧品「SK―2」の新CM発表会に出席した。

  共にイメージキャラクターを務める2人は、この日が初対面。桃井は綾瀬のほおに「ちょっと触らせて」と遠慮なく手を伸ばし、「人間の肌とは思えない。抽選で何人かに触らせてあげたいくらい」と仰天していた。
a0223592_161583.jpg


  美肌を保つ秘けつを聞かれた綾瀬は「フルーツジュースを毎日飲んでいます」と告白。すると、桃井から「日常的にケアしないとすぐにやっつけられちゃう。芸能界は厳しいですからね」と突っ込まれ、タジタジだった。21日から小雪(34)と3人で初共演したCMが放送される。
[PR]

by enni2011 | 2011-10-18 16:02 | エンタメ総合

仲里依紗が釜山国際映画祭で舞台あいさつ

  女優の仲里依紗(22)が、第16回釜山国際映画祭「アジアの窓部門」に出品された主演映画「ハラがコレなんで」(11月5日公開、石井裕也監督)の舞台あいさつを行った。韓国の映画祭参加は昨年に続き2度目。250人から拍手、歓声を受け、サイン攻めにあった。本紙のインタビューに応じ「世界の舞台に? うん!」と話し、アジアから世界に羽ばたくことを誓った。

  韓国最大規模の釜山映画祭でも、仲は臆することはなかった。「マンナソパンガウィヨ(お会いできてうれしいです)。プサンチェゴ(プサン最高)。カムサハムニダ(ありがとうございます)」と韓国語であいさつ。250人から拍手と歓声が上がった。
a0223592_1142231.jpg


  3月に主演映画「時をかける少女」(10年)が現地公開されたとあって、人気も上々。3回の上映はすべてチケットが完売。イベント後はファンに囲まれ、サイン攻めにあった。

  同映画は、現代に失われかけた義理人情を大切に生きる未婚の妊婦を描いた。映画「川の底からこんにちは」(10年)がベルリン国際映画祭に出品され、同作でブルーリボン賞監督賞(10年度)に輝いた石井監督のメガホン。

  世界の映画関係者が注目しており、バンクーバー、ロンドンに続き、英リーズ国際映画祭(11月)の出品が決定。中東の映画祭からもオファーが届いている。釜山映画祭には世界各国のバイヤーが集まり、韓国、台湾の配給会社も興味を持っているという。

  仲にとっては世界進出の大きなチャンス。事務所の先輩には、映画「悪人」でモントリオール世界映画祭最優秀女優賞の深津絵里(38)ら国際経験豊かな女優が多い。

  「いつか世界の舞台に? うん!」と声を弾ませた仲は、一方で「私はまだまだ」と冷静だ。「(女優として)日本で中途半端だから。ちゃんと一人前になってから、海外を目指したい。日本のいろいろな作品に出て経験を積んで、年を重ねてからでも遅くはないと思う」と明かした。公開中の「モテキ」でシングルマザー役、今作で妊婦役に初挑戦。

  「作品は監督のもので、私はモデル。監督の描く人物像に近づけるように演じたい」。どんな役でも、今は貪欲にぶつかっていく。
[PR]

by enni2011 | 2011-10-13 11:43 | エンタメ総合

山Pはソロ、錦戸は関ジャニ専念で「NEWS」脱退

  ジャニーズ事務所は7日夜、6人組グループ「NEWS」の山下智久(26)と錦戸亮(26)がこの日をもってグループを脱退したと発表した。山下はソロとして再始動。錦戸はこれまで掛け持ちしていた7人組グループ「関ジャニ∞」に専念する。NEWSは残る小山慶一郎(27)、加藤成亮(24)、増田貴久(25)、手越祐也(23)の4人で活動を継続する。

  波乱の歴史を刻んできたNEWSに激震が走った。グループをリードしてきた“エース級”の2人が脱退した。

  同事務所はこの日夜、マスコミ各社にファクスを送付し、2人の脱退を電撃発表した。ファクスではメンバー6人全員のコメントも掲載。今後ソロ活動に移行する山下は「これからは1人での挑戦です。これまでNEWSで得たかけがえのない経験をもって1つ1つの仕事に励んでいきたい」。関ジャニ∞に専念する錦戸は「自分がどんなに頑張っても解決できないスケジュールの問題で両グループのCDリリースやライブツアーが組み立てづらい状況になってしまうことを申し訳なく思い、今回このような決断に至りました」とつづった。

  山下は今年1~5月にアジアを含めたソロツアーを行ったが、昨年10月頃からソロ活動の準備を進めるうちに「1人の力でどこまで出来るかチャレンジしたい」という思いを強めていた。ツアー終了後の今年6月中旬にジャニー喜多川社長(79)に初めて脱退の意向を伝えていた。

  両グループの活動のほか、最近は俳優としてドラマ、映画と多忙を極めていた錦戸も山下の意向を受けて脱退を決意した。大阪出身で、デビュー前の関西ジャニーズJr.時代から切磋琢磨(せっさたくま)してきた関ジャニ∞への愛着が強く「これ以上NEWSに迷惑をかけるわけにはいかない」と表明。2人が決意を告げて以来、メンバー間で話し合ってきたが、9月下旬に2人が脱退することで決着。残された4人はNEWSという名前を存続させることにこだわり、解散ではなく、活動継続を決断したという。

  NEWSは03年11月に9人組でデビューしたが、歌手・森進一の長男・森田(現・森内)貴寛がわずか在籍1か月で脱退。その後も内博貴、草野博紀が飲酒騒動で相次いで脱退するなどトラブルが絶えなかった。06年12月に6人で再始動してからは着実に活動してきたが、09年以降はコンサートも減少。6人がファンの前に姿を見せたのは今年4月に行われた事務所主催のチャリティーイベント「Marching J」が最後だった。
[PR]

by enni2011 | 2011-10-08 09:32 | エンタメ総合

AKB、「紅白応援隊」に就任

  人気アイドルグループのAKB48が、12月31日に生放送される「第62回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)の「紅白応援隊」に就任することが6日、同局から発表され、東京・渋谷のNHKで会見した。事前の関連番組に出演するほか、11月から番組の公式ホームページでメンバーが日替わりでメッセージを伝える。「Everyday、カチューシャ」や「フライングゲット」など今年もヒット曲連発で本番出場も確実。AKB48が“紅白の顔”になる。

  東日本大震災という未曽有の災害に見舞われた2011年。その締めくくりとなる紅白に、最強の応援隊が結成された。演出家のテリー伊藤氏(61)と共に務める大役。AKB48のキャプテン・高橋みなみ(20)は「私たちは5回にわたって被災地を訪問させていただきました。そこで歌の力を感じました。たくさんの笑顔に触れました。今回、少しでも多くの人に歌の力をお伝えできたらいいなと思います」と言葉に力を込めた。

  今年、AKB48が発売した3枚のシングルはすべてミリオンセールを記録。選抜総選挙やじゃんけん大会でも話題を集めた。NHKの原田秀樹チーフプロデューサー(44)は「インパクトある活動をした人気者の力を借りたい」と起用理由を明かした。復興支援活動にも積極的で「あしたを歌おう。」に決まった番組テーマにも一致した。
a0223592_9201489.jpg


  本番までの事前告知などを行う応援隊が導入されて5年。初めてグループが務めるため「AKB48ならでは」の方法で盛り上げる。番組の公式HPでメンバーが日替わりでメッセージを発信する企画が11月にもスタート。指原莉乃(18)は「ブログやツイッターでも、紅白の応援をさせていただきます」と約束し、高橋も「人数も多いので、応援隊でパフォーマンスをできたらいいな」と語った。

  本番には過去に3度、出場している。原田チーフプロデューサーは「(選考は)これから」と話すが、活躍を見れば3年連続4度目の出場は確実だ。この日の会見後、前田敦子(20)らメンバーは早速、PR番組などの収録に取り組んだ。番組の平均視聴率は1999年の後半で50・8%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)して以降、50%の大台超えはない。最強のアイドルグループの影響力で視聴率アップも狙う。
[PR]

by enni2011 | 2011-10-07 09:21 | エンタメ総合

沢尻エリカ、離婚は進展なし

 女優の沢尻エリカ(25)が28日、都内で行われたヘアケアブランド「syoss(サイオス)」の新CM発表会に出席した。約4か月ぶりに公の場に登場。終始笑顔を絶やさなかったが、夫のメディアクリエイター・高城剛氏(47)との離婚問題については語らず。業務提携先のエイベックスは「進展はございません」と説明した。一方、水面下では女優復帰に向けた準備が進められているという。

 スモークに向けてたかれる無数のフラッシュ。スポットライトを浴び、約4か月ぶりに報道陣の前に現れたエリカ様は「あまりにもすごいフラッシュで、前が見えなくて、バミり(=立ち位置の目印)がどこにあるのか分からなくって…」。久々に味わう感覚に、照れ臭そうな表情をみせた。

 「(商品の)サイオス(のイメージ)を意識して白で決めてみました」ひざ上20センチ以上のミニスカワンピースをまとい、むっちりボディーで悩殺。25分間のトークショーでは、リラックスした雰囲気で終始笑顔を崩さなかった。
a0223592_102472.jpg


 ただ、肝心の離婚問題については語らず。報道陣の問いかけも大音量のBGMにかき消され、沢尻のもとまで届かなかった。高城氏と離婚できる“Xデー”の5月16日から、すでに4か月以上が経過した。同商品のCM撮影地チェコ・プラハから帰国した際、スペインの公証役場に預けていた離婚届を、国際郵便で自身の弁護士に送付したことを明かしたが、エイベックスは「進展はございません」と説明。高城氏も無言を貫いており、足踏み状態が続いている。

 一方で、映画「クローズド・ノート」(07年)以来遠ざかっている女優業は、前進の様相をみせている。「今の段階では具体的なことはアレなんですけど、いろいろな話もある」と沢尻。

 関係者によると、正式決定はまだだが、ドラマと映画出演のオファーがあり、水面下では、その準備が着実に進められているという。「ちょっとずつ、皆さんの前に出てくることはあると思う。ぜひぜひ、乞うご期待な感じでよろしくお願いします」“女優・沢尻エリカ”の姿を見られる日は、そう遠くなさそうだ。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-29 10:03 | エンタメ総合

日活スターの山内賢さん死去

日活の青春映画で活躍した俳優の山内賢(やまうち・けん、本名・藤瀬賢晁)さんが、24日午前4時53分、肺炎のため都内の病院で死去した。67歳だった。25日に東京・杉並区の築地本願寺和田堀廟所で通夜が営まれ、約300人が参列、悲しみの対面を果たした。
a0223592_9375025.jpg


 青春映画のスターとして日活の黄金期を支え、グルメリポーターとしても活躍。1979年からスタートしたテレビドラマ「あばれはっちゃく」シリーズでは、主人公の担任の先生役として人気を集めた山内さんが、がんとの闘病の末、静かに逝った。

 最初に異変が見付かったのは2003年。左肺がんと診断され、摘出手術を受けた。その後、06年に右肺への転移が発見され、再度摘出。以降、転移が見付かるたびに、抗がん剤治療を受けていた。今年3月には脳への転移が見付かり、8月に放射線治療のため3週間入院。妻の敦子さん(56)によると痛みや副作用はなく、抗がん剤で髪が抜けることだけを嘆いていたという。

 今月13日に肺炎で39度の熱が出て体調が急変。緊急入院した。何度も病魔に打ち勝ってきた山内さんだったが、ついに力尽き、家族と言葉を交わしたのは22日の「みんなに感謝!」が最後。敦子さんは「最後の10日間は、初めてと言えるくらい、家族でホンワカして過ごすことができました。ただ『みんなに感謝!』の言葉は、私たちだけでなく、芸能界の仲間も含めた皆さんに向けたものだったと思います」と言い、目頭を押さえた。

 この日の通夜では、バンダナ姿でほほ笑む山内さんの遺影が参列者の涙を誘った。出演していたNHK・BSの「中高年のための登山学」で、02年に富山・剱岳に登った際に撮影された、本人お気に入りの一枚。棺(ひつぎ)の上には山内さんの母の写真、よく着用していた濃紺の上着、零戦好きだった山内さんのため、次男の宏之さん(24)が作った模型が置かれた。

 戒名は常慶院高岳賢尚居士(じょうけいいんこうがくけんしょうこじ)。葬儀・告別式は26日午前10時半から同所で営まれる。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-26 09:39 | エンタメ総合

皇成「生涯を一緒に」 婚姻届提出!

  22日に婚約を明らかにしたタレント、ほしのあき(34)と中央競馬の三浦皇成騎手(21)が大安の25日、婚姻届を提出したことが分かった。三浦騎手は札幌競馬で騎乗したため、ほしのが都内の区役所に提出。三浦騎手は公式ブログを更新し、「男として彼女を守り、支え、2人で温かい家庭を築いていきたい」と大黒柱として決意をつづった。

  グラドル界の女王と競馬界のプリンスが“直線一気”にゴールインだ。

  先日、結納をかわした際、撮影したラブラブツーショットを23日付サンケイスポーツに独占公開。早くもその2日後の25日、大安の日に正式に結婚となった。

  関係者によると、ほしのが同夜、知人を伴って都内の区役所に婚姻届を提出した。挙式・披露宴は12月に行う方向で調整しているという。
a0223592_9215157.jpg


  三浦騎手は同日夜、公式ブログを更新してファンに人生の門出を報告。「あきさんとは仕事を通じて知り合い、2年半の間、真剣にお付き合いをさせていただいて来ましたが、ふたりで話し合い、これからの生涯を一緒に歩んでいくことを決意しました」と経緯を説明した。

  ほしのの存在について「仕事で忙しい時も、騎手という僕の仕事を理解し、支えてくれた大切な人」と、13歳年上の姉さん女房への信頼を吐露。「これからは、男として彼女を守り、支え、2人で温かい家庭を築いていきたい」と新妻への愛を男らしく誓った。一方、ほしのはこの日、特にコメントなどは発表しなかった。

  三浦騎手は24、25日と札幌競馬に騎乗。さっそく“結婚効果”をアピールするように、24日9Rのウインリーディングで1着を獲得した。

  2人は08年10月12日の東京競馬場で、ほしのが名付け親となった中央の競走馬「ハシッテホシーノ」(牝)のデビュー戦で三浦騎手が手綱を取ったことがきっかけで出会い、知人らを介して食事をするうちに意気投合。09年春から交際がスタートしていた。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-26 09:19 | エンタメ総合

京香しみじみ、恋の強さ実感…映画「セカンドバージン」

  女優の鈴木京香(43)が23日、東京・丸の内ピカデリー2で行われた主演映画「セカンドバージン」(黒崎博監督)の初日舞台あいさつに俳優の長谷川博己(34)、深田恭子(28)らと出席した。

  NHKドラマの映画化で、17歳年下の青年との不倫愛を描いた作品。京香は「この役を通して、恋に落ちたという気持ちだけで年齢や状況も乗り越えていけるんだと感じた」としみじみ話した。

  京香の相手役を演じた長谷川はドラマ版でブレーク。同日に公開された映画「モテキ」「僕たちは世界を変えることができない。」にちなみ「僕は世界を変えられないけど、人生一番のモテキです!」と絶叫し、拍手を浴びていた。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-24 09:40 | エンタメ総合

向井理、感涙!!「映画「僕たちは―」

  俳優・向井理(29)が23日、東京・新宿バルト9で行われた初主演映画「僕たちは世界を変えることができない。」(深作健太監督)の初日舞台あいさつに松坂桃李(22)、柄本佑(24)、窪田正孝(23)と登壇した。

a0223592_927352.jpg

  総立ちのファンに迎えられ、笑顔で登場した向井。別の撮影のため欠席した深作監督からの肉声メッセージが流れると、感極まり目を潤ませる場面も。「たくさんのスタッフの人たちと作ってこられたことが幸せ。何かを残せる自信のある作品になった」とかみしめるように話した。松坂も「みなさんの姿に鳥肌が立った。この映画に出られて良かった」と話した。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-24 09:30 | エンタメ総合