<   2011年 09月 ( 67 )   > この月の画像一覧

AKB宮澤、秋元に告白!?

AKB48チームKのメンバー、宮澤佐江(21)が22日、都内で行われた舞台「スーパーLIVEショー ダブル☆ヒロイン」に出演。アンドロイドの女子高生役で、秋元才加(23)演じる敏腕女刑事とと力を合わせて巨悪と戦う。秋元に「私、好きになっちゃいそう」と告白するシーンなどで約880人のファンを沸かせた。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-23 09:28 | エンタメ総合

麻里子様、超能力で“じゃんけん”完勝!



  20日に行われたAKB48の「第2回じゃんけん大会」で優勝した篠田麻里子(25)が一夜明けた21日、都内で取材に応じ「うれし涙も、じゃんけんに人生をかけたのも生まれて初めて」と笑顔で振り返った。12月7日発売のシングルで初のセンターを務めるが「みんなで盛り上がれる曲だとうれしい」と願った。

  涙のVから一夜、篠田が笑顔で“激闘”を振り返った。「淡々と勝ってしまったので、実感がなくて…。(優勝の瞬間は)あまり覚えてないんです」。早朝、優勝を報じるスポーツ紙をすべて買い、隅々まで読んだ。「自分のいいニュースが、でかでかと載ってて…夢だったんです!」。喜びがこみあげてきた。この日は日テレ系「PON!」に生出演したが、局の前でファンから次々と「じゃ~んけん!」と勝負を要求され、反響の大きさも感じ取った。

  じゃんけん大会優勝を報じる21日のスポーツ報知を手にする篠田 「最初は若い子に選抜を譲る気でした」。勝負師のスイッチが切り替わったのは、同じく選抜常連組の小嶋陽菜がひと足先に選抜入りを決めた瞬間。素直に喜ぶ小嶋の姿に「ガチ」の姿勢を思い出し「うらやましいのと、気が楽になった」。

  3回戦に勝ち、選抜入りを決めると目の色を変え、本気で優勝を狙った。「気合が入ったら、負ける気がしなかった。拳を合わせた瞬間にテレパシーが伝わってくるんです」と胸を張った。

  センターを主張したことはない。「あこがれはなくはないけど、私はでかいし、(センターだと)邪魔だろうな」。だが昨年、フジ系「ミュージックフェア」に出演した際に務めた唯一のセンター姿はしっかりと録画。「(その時の)レッスンも張り切ってました」と、ひそかに喜んでいた。

  新曲について、総合プロデューサーの秋元康氏からは冗談半分で「ブリブリでカワイイ曲をつくる」と言われたそうだが「ファンの人も盛り上がれる曲がうれしい」。篠田のほかにも、小嶋、秋元才加ら長身メンバーが入ったことに「インパクトはある。体育会系で強いメンバーもいる」と“最強選抜”となることを宣言。

  この日夜には、LISMOチャンネル「麻里子姫はアプリがお好き♪」の生放送にも出演。改めて喜びを報告し、大忙しの一日を締めくくった。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-22 09:52 | エンタメ総合

深田恭子「クセになったらダメ!」不倫経験者を諭す



  女優の深田恭子(28)が21日、都内で映画「夜明けの街で」(10月8日公開、若松節朗監督)の男性限定試写会に出席した。

  不倫愛を描いた作品で、岸谷五朗演じる妻子持ちのサラリーマンを、謎めいた魅力で翻弄する派遣社員を演じた深田。不倫経験アリと告白した観客に興味津々で「結婚しているのに合コンに行っていいんですか?」「指輪はどうするんですか?」など、次々と逆質問。「不倫を全く否定するわけじゃない」と擁護しつつも、不倫がクセになるという声に「クセになったらダメ! (不倫体験は)一生の秘密にしてください」と諭していた。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-22 09:48 | エンタメ総合

天海祐希、来月ワールドプレミア初参加

  女優の天海祐希(44)が、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮の米映画「リアル・スティール」(12月9日公開、ショーン・レヴィ監督)で、初めて実写映画の日本語吹き替えに挑戦することになった。

  「リアル―」は近未来のロボット格闘技を舞台に、ヒュー・ジャックマン演じる父親と息子との絆を描く。天海が担当するのは、父子をけなげに応援するボクシングジムの娘。過去「崖の上のポニョ」(08年)などアニメ映画での声優経験はあるが、実写版は初めて。今回、「凛(りん)とした強さと信念を持った女性」としてオファーを受け、出演が決まった。

  天海はこのほど、都内のスタジオでアフレコ収録を行った。「ヒュー・ジャックマン、格好いいですよねぇ」と人気俳優との“共演”を楽しんだ。吹き替えを担当する女優のエヴァンジェリン・リリー(32)は、米人気ドラマ「LOST」などに出演。「彼女の心情に寄り添うことは難しかった。でも、とてもいい経験でした」と女優業にも生かしていくつもりだ。映画は何度も観賞し「予想外なことに、思わず泣いてしまいました」。「人間の計り知れない力を、ものすごく感じる作品」と力を込めた。

  天海は来月、米ロサンゼルスで行われるワールドプレミアに初参加する予定。「足を引っ張らないように」とスターとの対面を心待ちにしている。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-22 09:43 | 映画

松井&ブラピが夢の共演!映画「マネーボール」

  米俳優ブラッド・ピット(47)の主演最新作「マネーボール」(ベネット・ミラー監督、11月11日公開)のアメリカプレミアが行われ、物語の舞台である米大リーグ・アスレチックスに所属する松井秀喜外野手(37)が来場した。ハリウッドのスターと地元球団の人気選手との“共演”に、集まった映画ファン、野球ファンの両方から、大きな声援が飛んだ。

  野球を題材にした映画であることから特別に作られた、レッドカーペットならぬ“プレミアフィールド”の中で、ブラピと松井、日米スターの夢のツーショットが実現した。

  出演者の中で、最後に登場したブラピ。ご機嫌な様子で、会場周囲の歩道に詰めかけた約300人のファンの元へ歩み寄ってサインを書いた後、関係者の一団から、近付いてくる松井を目ざとく見付けた。

  ヤンキース在籍時代から認識しており、今作の撮影が決定後、自らが演じたゼネラルマネジャー(GM)、ビリー・ビーンと交流する中で、さらに増していた松井の存在。先に手を差し出して歓迎した後、ガッチリと固い握手。“初顔合わせ”にもかかわらず、笑顔で会話を交わした。

  「『ずっと前から、プレーを見ているよ』と声を掛けられたので『ありがとう』と応えました。あまり慣れない場所ですが、凝った作りをしているので、その中を歩くのは楽しいね」と松井。映画のプレミアイベントに参加するのは初めてとあって、何度も周囲を見回した。ブラピ以外の出演者からも、記念写真を求められると、快く応えた。

  撮影以来、久々にオークランドに戻ってきたブラピも、“仲間”たちとの再会を喜んだ。プレミア前に、アスレチックスのホーム球場、オー・ドットコー・スタジアムで行われた会見では「久々に、ここに戻って来ることができるのは、うれしいこと。今回も、僕たちを温かく、寛大に迎えてくれた。このスタジアムで培われている仲間意識は、素晴らしいと思う」。自らがGMを演じた球団に、誇りを持っているかのように、声を大にした。

  日本のファンに向けては「僕の気持ちは、あなた方(日本のファン)と一緒にある。僕だけでなく、多くの人間が、日本の皆さんを応援しているから」と東日本大震災で苦しむ被災者を意識しながらメッセージを送ったブラピ。公開直前の11月に来日を予定しているが、この日“日本代表”の松井と交流することで、さらに日本への思いを強くした様子だった。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-21 09:46 | 映画

紺野あさ美アナ、映画「モテキ」PR

  テレビ東京の大橋未歩アナ(33)、松丸友紀アナ(30)、植田萌子アナ(23)、紺野あさ美アナ(24)が20日、映画「モテキ」(23日公開、大根仁監督)のPRのため東京・港区の報知新聞社を訪れた。

  編集局で4人は、浜田昭文編集局長に映画のステッカーを手渡し宣伝。大橋アナが「草食男子のバイブルみたいな映画」と胸を張ると、松丸アナも「女子のグッとくるしぐさとか勉強になる」と太鼓判を押した。

  タイトルにちなんで、モテキ(なぜかモテる期間)エピソードを語った大橋アナは「入社3年目ぐらいの時に女子アナバブルがあったんですけど一気にはじけました」と自虐的なコメント。紺野アナは「電車の中でシュークリームを渡されて口説かれたことがあります」と思い出を語っていた。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-21 09:36 | 映画

麻里子さん!AKBじゃんけん新女王

  AKB48・24thシングル選抜じゃんけん大会(20日、東京・日本武道館)国民的アイドル集団、AKB48が20日、東京・日本武道館で24枚目のシングル(タイトル未定、12月7日発売)を歌う選抜メンバーを決める「じゃんけん大会」を開催し、篠田麻里子(25)が優勝した。6試合を勝ち抜き68人の頂点に立った篠田は「初のセンターポジションなので素敵なシングルにしたい」と満面の笑み。伏兵、藤江れいな(17)が2位に躍進した。

  お姉さん的存在としてメンバーをまとめてきた篠田。いつも笑みを絶やさない優しいまなざしが、決勝の舞台で勝負師の目になっていた。

 相手は下克上を狙って勝ち上がった伏兵、チームKの藤江れいな(17)。「パー」「チョキ」「パー」とあいこが続く手に汗握る攻防を繰り広げ、最後は「グー」を出して栄冠をゲットした。

 その瞬間、手で顔を覆って号泣し、「正直、初戦で負けるつもりで、というか負けると思っていました」と吐露。「だから今ここに立っているのが不思議でたまらない。トロフィーを持っているのが不思議でたまらない」と声を絞り出した。そして、ひと呼吸置き、誇らしげに優勝トロフィーを掲げて「今めちゃくちゃうれしいです」と笑顔を弾けさせた。
a0223592_9312130.jpg


 苦しい6連戦だった。個性的なコスチュームを披露するメンバーが多い中、篠田は普段着に近いチェックのワンピースで登場。昨年2回戦で敗退しただけに、耳にじゃんけんのチョキ型ピアスを光らせ、控えめにやる気を示していた。

 初戦の相手はAKB48チームBの近野莉菜(18)。勝利の瞬間、目を丸くして思わず「ごめんね」と口元が動いた。後輩思いの篠田の本音が漏れ出た瞬間だった。

 だが、勝負を重ねるにつれ表情が変化。最も険しくなったのは準決勝で峯岸みなみ(18)と対峙したときだ。2回連続であいこになると、キッと前を見据えた。まなざしは真剣そのもの。力いっぱい腕を振り切り、「パー」で決勝へと駒を進めた。

 藤江との死闘を制した篠田は、24枚目シングルのセンターで歌う権利をゲット。さらにうれしい知らせが届いた。AKB選抜メンバーが出演する11月中旬放送の製菓会社「UHA味覚糖」のCMでも、センターを務めることがサプライズで発表された。

 CMは来月初旬から撮影を開始。選抜メンバーは常連ながら、初めて経験するセンターポジションに「初のセンターということで素敵なシングルにしたいと思います」と意欲をみなぎらせた。

 1万1000人を動員した会場は、6月9日の「第3回選抜総選挙」以上の盛り上がりをみせた。大会にはAKB48本隊から参加した56人に加え、予選を勝ち抜いた研究生3人、SKE48から5人、NMB48から4人とファミリーが勢ぞろいする過去最大規模のイベントに。この模様は国内99カ所のほか、香港、台湾、シンガポール、韓国、タイの映画館でも生中継。海外でも「篠田麻里子」の名を強烈にアピールした。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-21 09:31 | エンタメ総合

AKB48、新曲売上累計150万枚を突破

  アイドル集団、AKB48の新曲「フライングゲット」が、26日付オリコン週間シングルランキングで売上累計150万枚を突破したことが19日、分かった。

  オリコンによると、同曲の売上が発売4週目で152・1万枚に到達。累計157・3万枚を売り上げた5月25日発売の前作「Everyday、カチューシャ」に続き、2作連続で売上が150万枚を突破した。
a0223592_9512758.jpg


  2作連続150万枚突破は1993年に人気ロックユニットのB’zが初記録。その後94、96年にはMr.Children、98年にKinKi Kids、2000年に宇多田ヒカル(28)が達成した。AKBは宇多田以来11年4カ月ぶり5組目で、女性グループとしては史上初の快挙となった。

  AKBは20日、東京・北の丸の日本武道館で「24th シングル選抜じゃんけん大会」を開催。昨年に続き2回目だが、新曲の歴史的大ヒットの勢いで昨年以上の注目をゲットしそうだ。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-20 09:57 | 音楽

二宮和也、「ムズイ、これ~」新CMオンエア

  二宮和也(28)が江崎グリコ「ポッキーチョコレート」のイメージキャラクターに選ばれ、新CMが20日からオンエアされる。

  黒ずくめの二宮がバックダンサーを従えて踊り、手に持ったポッキーをドリンクのマドラーに見立ててカメラ目線で「ちゃんと合うんです」とつぶやく。さまざまな食シーンに合うポッキーをアピールしている。

  動きの激しいシーンでは「ムズイ、これ~」とこぼしながら、すぐに調整し完璧に仕上げたダンスが見どころだ。BGMは米歌手、MCハマー(49)の1990年の大ヒット曲「U Can’t Touch This」を採用した。

  塩や糖の結晶をトッピングした「ポッキー ソルティ☆」が、新発売される。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-20 09:48 | エンタメ総合

2NE、1初の日本ツアーをスタート


   韓国の女性4人組グループ「2NE1(トゥエニィワン)」が19日、神奈川・横浜アリーナで初の日本ツアー「NORJA」(3か所6公演)をスタートさせた。韓国グループのデビュー公演では最多となる7万人を動員する異例のツアー。この日は1万2000人のファンに“K―POP最終兵器”の実力をお披露目し「紅白歌合戦に出たい!」と宣言した。

  スペードのAに、ハートのクイーン…「21」を表現したトランプ形の巨大オブジェから、炎の爆音とともにメンバーが登場すると、横浜アリーナがたちまち黄色い歓声で埋め尽くされた。「一緒に遊びましょう!」。DARAはツアータイトルの「NORJA(遊ぼう)」にひっかけて呼びかけ、待望の日本公演に喜びを爆発させた。
a0223592_9274881.jpg


  当初は今春デビューの予定だったが、東日本大震災を受け延期。半年遅れのデビューとなったが、CLは「(結果的に)準備がしっかりできた。期待していただいただけのことができる」と前向きにとらえた。この日は21日に発売するデビューミニアルバム「NORJA」収録曲の「I AM THE BEST」など全22曲でファンを熱狂させた。

  男性5人組グループ・BIGBANGと同じ事務所の“妹分”。BIGBANGの日本ツアーにゲスト出演しているが、単独での海外公演はこの日が初めてだ。メンバーは少女時代のような正統派美人ではないが、ヒップホップを主体とした世界的にも最先端の音楽とダンス、派手で個性的なファッションが10~20代の女性に圧倒的な人気だ。この日も観客の9割が女性。同性からの支持は実力派の証明でもある。

  米人気グループ「ブラック・アイド・ピーズ」のウィル・アイ・アムがプロデュースを買って出るなど才能は世界的に評価されている。CLは「ブラジルで人気があると聞いた。ロンドンにも行きたい」と全世界進出にも乗り気だが、何より日本でのブレークが第一。「紅白歌合戦は韓国でも有名。できれば出たい」。韓国の音楽賞で合計30冠を獲得した2NE1は、K―POP女性グループ初の紅白出場を狙う。

  ◆2NE1 メーンボーカルのBOM(27)、ボーカルのDARA(26)、ラップ&ボーカルのCL(20)とMINZY(17)の4人で結成。09年5月にシングル「FIRE」でデビューし、韓国ではシングル13枚、アルバム1枚、ミニアルバム1枚を発表。グループ名は「21世紀の新しい進化」に由来。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-20 09:28 | エンタメ総合