<   2011年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

桑田佳祐、4年ぶりの年越しライブを行う

  サザンオールスターズの桑田佳祐(55)が、10年ぶりのクリスマスライブ&4年ぶりの年越しライブを行うことが10日、発表された。

  舞台は東西を代表する港町・横浜と神戸で、4万人を動員予定。12月24、25日に神戸ワールド記念ホール、同30、31日に横浜アリーナで力強い歌声を響かせる。

  大震災から半年の節目(9月10、11日)に宮城県内で単独公演(セキスイハイムスーパーアリーナ)を行い、健在ぶりを示した桑田。食道がんの術後初、1年半ぶりの大規模ライブだったが、ライブ後も心配された体調面の影響はなし。ファンの期待に応えるため、年末のライブ開催を決めた。

  「今年はいろいろあったけど、来年に向けて楽しく忘年会をやりましょう!」という思いから、タイトルは「桑田佳祐ライブ in神戸&横浜2011 ~年忘れ!!みんなで元気になろうぜ!!の会~」。演出はこれから決めていくが、エンターテイナーだけにさまざまな企画を期待できそう。レコード会社関係者も「バラエティーに富んだ内容になる」と話した。

  大みそかには全国の映画館を借り、同ライブの生中継が決定。こちらも、数万人規模のパブリックビューイングが予定されている。精力的に楽曲制作を行っているという桑田。年の瀬の港町を音楽で彩る。
[PR]

by enni2011 | 2011-11-11 11:36 | 音楽

赤西仁、全米デビュー「日本の食べ物が恋しい」

  KAT―TUNを脱退した歌手の赤西仁(27)が8日、「JIN AKANISHI」名義のシングル「TEST DRIVE Feat. JASON DERULO」で全米デビューを果たし、米ロサンゼルスのビバリーヒルズで記念イベントを開催した。

  超高級エリアのビバリー・センターには、現地ファンら約300人が集結。赤西は、黒ジャケットとジーンズ姿で「イェイ」と登場し、握手&サイン会で触れ合った。質問コーナーでは理想の女性のタイプを聞かれて「ハイテンションでセクシー、常識とユーモアがある人」と回答。「日本の友達、家族、そして食べ物が恋しい」と笑わせた。

  約1時間、アットホームなイベントを終えた赤西は「サイン会はやったことがなかったので、最初は戸惑ったんですけどすごく楽しかったです」と笑顔。全米ツアーの開催も約束した。今回の新曲は、iTunesアルバムダンスチャートで初登場1位を獲得。12月7日には日本でミニアルバムを発売する。
[PR]

by enni2011 | 2011-11-10 11:39

EXILE、最新アルバムで組み合わせシャッフル

  男性14人組グループ・EXILEが、来年元日に新アルバム「EXILEJAPAN/Solo」を発売することが決まった。「―JAPAN」では、ATSUSHI(31)、TAKAHIRO(26)、NESMITH(ネスミス、28)、SHOKICHI(26)のボーカリスト4人が、15の収録曲を7パターンの組み合わせで歌う“シャッフルアルバム”。化学反応によって新たなハーモニーが生み出された。

  ボーカリストとして屈指の実力を持つ4人が、新たなハーモニーで魅了する。3月発売のアルバム「EXILECOVER」にNESMITH、ATSUSHIの歌う久保田利伸(49)の「LA・LA・LALOVESONG」のカバーが収録されたことはあったが、今回、“シャッフルアルバム”と大々的に銘打って行われるのは初めて。現状に満足せず、パフォーマンスの幅をさらに広げ、質を向上させていくことを目的に企画された。

  新アルバムでの組み合わせは7通り。ATSUSHI、TAKAHIROの優しい歌声が印象的な「あなたへ」、2代目「J Soul Brothers」のボーカルを務めたNESMITH、SHOKICHIの「EverlastingSong」など、個性的な楽曲が満載。3連覇中の日本レコード大賞受賞曲「TiAmo」「Someday」「IWishForYou」の新アレンジを含む全15曲が収録される。

  発売日を元日にしたことに、関係者は「『アルバムを聴いてくれた人が、一日でも早く元気になってほしい』という(EXILEの)願いがかなうように」と説明。14人は「エンターテインメントを通じて、一日でも早く日本が元気になるよう皆さんと一緒に頑張っていきたい、そんな思いを形にした作品。日本を一つに、そして元気にしていくアルバムに仕上がった」と声をそろえた。現在、26日に開幕の全国ドームツアー(京セラドーム大阪)に向けてリハーサルの真っただ中。日本最高峰のグループが歌声で日本中にエネルギーを注入する。
[PR]

by enni2011 | 2011-11-09 11:39 | 音楽

生田斗真ら共演者も東山を祝福…映画「源氏物語―」

  4日に第1子の女児が誕生した少年隊の東山紀之(45)が7日、都内で行われた映画「源氏物語―千年の謎―」(12月10日公開)の完成披露試写会に出席した。妻で女優の木村佳乃(35)の出産には立ち会ったそうで「かつてないほどの感動を味わいましたが、泣くというよりなぜか大爆笑しました」と長女誕生の喜びを語った。

  映画「源氏物語―」の完成披露試写会には東山はじめ、主人公・光源氏役の生田斗真(27)、紫式部役の中谷美紀(35)ら8人の出演者が舞台あいさつを行った。

  共演者が待ちかまえる中、生田は天井からゴンドラに乗って登場すると場内は爆笑が起こり、生田は「こっぱずかしかった~」と苦笑い。壇上では東山に向き合い「この場を借りておめでとうございます! 映画の誕生と合わせて僕としては二重の喜びです」。また鶴橋康夫監督(71)も「スタッフ一同心から祝福申し上げます」とお祝いした。

  ステージでは生田の光源氏を女優陣が絶賛。「美しい瞳の中にさみしさを抱えてらっしゃる」(中谷)、「たたずんでいるだけで源氏の不思議な感じが出ていた」(田中麗奈)と褒められ、生田は「満足です」と笑顔を輝かせた。
[PR]

by enni2011 | 2011-11-08 11:07 | 映画

AKB48新ユニット「YM7」お披露目

  人気アイドルグループ「AKB48」が6日、マリンメッセ福岡で新曲「風は吹いている」発売握手会を開催。マンガ雑誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)とコラボレーションした7人組ユニット「YM7」を約1万1000人のファンにお披露目した。

  YM7のメンバーは指原莉乃(18)、河西智美(19)、宮崎美穂(18)、高城亜樹(20)、小森美果(17)、佐藤すみれ(17)、竹内美宥(15)。骨盤腹膜炎のため休養中の河西を除く6人が登場して、オリジナル曲「恋愛総選挙」を披露した。同ユニットは「週刊ヤングジャンプ」(集英社)による「YJ7」とのファン投票対決を制して結成され、指原は「私たちは(集英社のある)神保町・(講談社の)護国寺大戦で勝利いたしました!」と呼びかけた。
[PR]

by enni2011 | 2011-11-07 17:03 | 音楽

鈴木亜美、12歳年上男性と熱愛

  歌手の鈴木亜美(29)が12歳年上の飲食店勤務の男性(41)と熱愛中と4日発売の写真週刊誌「フライデー」が報じている。

  同誌は男性が肩を抱き寄せたり、相合い傘のツーショットをキャッチ。今夏に知り合ったそうで、10月半ばにはあみ~ゴの部屋に男性が2日続けて連泊し、男性は合鍵を持っているという。

  あみ~ゴが所属するエイベックスは「いい年ですし、プライベートは本人に任せてあります」。交際を否定しておらず、来年2月に迎える30歳の節目を機にゴールインする可能性もありそうだ。
[PR]

by enni2011 | 2011-11-04 15:28 | エンタメ総合

武井咲、CM女王「いつか先輩と同じようになれたらいいな」

  女優の武井咲(えみ、17)が2日、都内で紳士服メーカー「洋服の青山」新CMキャラクター発表会に出席した。

  フレッシュなスーツ姿で登壇した武井。インターネット上限定公開のショートムービーを監督した堤幸彦氏から「天才だと思った」とメッセージを寄せられ「いつかもっと長い作品でご一緒したい」と照れながら話した。

a0223592_15121836.jpg

  今年ブレークした武井は、現在9社とCM契約中。今年全体の契約社数は11社とCM女王の座も射程にとらえた。上半期の女王は所属事務所の先輩・上戸彩(26)で14社。「目標とする先輩がいるので、いつか先輩と同じようになれたらいいなと思います」と意欲を見せた。現在は上戸に次いで、人気子役の芦田愛菜(7)が12社で続いている。
[PR]

by enni2011 | 2011-11-03 15:13 | エンタメ総合

藤原竜也とじゃんけん対決 豪華ディナー付き試写会

  俳優の藤原竜也(29)が主演する映画「カイジ2~人生奪回ゲーム」(5日公開)のイベントが1日、都内で行われ、藤原と伊勢谷友介(35)、吉高由里子(23)が参加した。
a0223592_15401635.jpg


  来場した約1000人の観客から、3人が出す3択クイズに正解し続けた3人が映画を見られるイベント。「僕が洗濯ものを畳んだのはいつでしょう?」(伊勢谷)などの珍問を次々突破し、最後は藤原とのじゃんけん対決に勝利したファン3人が豪華ディナー付き試写会を楽しんでいた。
[PR]

by enni2011 | 2011-11-02 15:40 | 映画

佐藤健「ロミオ&ジュリエット」で初舞台初主演

  若手人気俳優の佐藤健(22)が、来年5月2日開幕の舞台「ロミオ&ジュリエット」(東京・赤坂ACTシアターほか)で初舞台、初主演を飾る。ロミオ役を演じるにあたって昨夏から3度、渡英。シェークスピアの本場でワークショップに参加、演劇修業を積んだ。ヒロインのジュリエット役は初共演の石原さとみ(24)が演じる。名門劇団「ロイヤル・シェークスピア・カンパニー」出身の偉才、ジョナサン・マンビィ氏(35)が演出し、豪華メンバーで真実の愛を描く。

  昨年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の岡田以蔵役で飛躍を遂げた佐藤が、恋愛悲劇の最高傑作で初舞台・初主演する。

  敵対する名家の娘ジュリエットと運命の恋に落ちるロミオ役。大役に備え、昨夏から準備を始めた。多忙なスケジュールの合間を縫って、3度も渡英。シェークスピアの本場でマンビィ氏の企画するワークショップに参加し、修業を積んだ。生誕の地ストラトフォード・アポン・エイヴォンや、数々のシェークスピア劇が初演された劇場グローブ座なども訪れ、役へのイメージを膨らませた。

  佐藤は「舞台に関しては完全に素人。どうやって皆さんに食らい付いていこう、と今から必死です。素人なら素人なりにやれることがあるのではと、開き直り、この純粋な恋の物語に真っすぐにぶつかっていきたい。全力で頑張ります」と力強く宣言。佐藤の熱意にふれたマンビィ氏は「研ぎ澄まされた感性を持ち、役柄を瞬時に理解する。まさに生まれながらの俳優。完璧なキャスティングだ」と期待を寄せる。

  「幕末純情伝」など舞台経験豊富な石原がヒロインを演じる。「誰もが知るタイトル、多くの方が演じられてきたジュリエット。演じるのに少し気恥ずかしさと不安を感じていた」というが、それも解消。「マンビィ氏とお会いした一日で不安は消え、『ジュリエットとして舞台に立ちたい』と心から思えた。古典的で斬新で、何より美しい作品になるよう稽古に励みたい」と誓った。

  意外にも2人は今作が初共演。舞台の先輩・石原は「(佐藤が)作品に入り込んでいる姿を見て、約2か月間、見つめ合いながら作品を作っていくことが楽しみ」と話している。

  東京公演は5月2~27日まで赤坂ACTシアターで。大阪公演は5月31日~6月10日までイオン化粧品 シアターBRAVA!。計6万人を動員予定だ。
[PR]

by enni2011 | 2011-11-01 15:02 | エンタメ総合