タグ:及川光博 ( 4 ) タグの人気記事

檀れい、花嫁衣装「欲張りたい」

  女優の檀れい(40)と俳優の佐藤隆太(31)が「第12回ベストフォーマリスト」を受賞し25日、都内で行われた授賞式に出席した。


  2か月かけて作った紫色のドレスに身を包んだ檀は「普段着ている服より、喜びが倍増です」と笑顔を浮かべた。歌手で俳優の及川光博(42)と7月に結婚したが、披露宴はまだ。「今、ありがたいことに、とても(仕事が)忙しいので、事務所に聞いていただかないと」。花嫁衣装については「和装、洋装、女性としては悩みます。欲張りたい」と話していた。
a0223592_1628289.jpg

[PR]

by enni2011 | 2011-10-26 16:28 | エンタメ総合

檀れい、ミッチーとの結婚後初登場 

 俳優の溝端淳平(22)と檀れい(40)が22日、都内で映画「三銃士」(10月28日公開)のアフレコを行った。

 檀は7月に歌手で俳優の及川光博(41)と結婚してから初の公の場。左手薬指に指輪をはめていなかったが、「幸せですよね?」と聞かれると「もちろん」と満面の笑み。報道陣がさらに畳みかけようとすると「皆さん、(勢いが)すごい」と照れていた。
a0223592_934190.jpg


 質問は結婚に関するものに集中したが、関係者が徹底的にガード。しらけムードが漂ったものの、溝端が「皆さん、僕のプライベートには全く興味がないんですね」と冗談でフォローし、笑いを誘っていた。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-23 09:34 | 映画

「相棒season10」10月スタート

水谷豊(59)主演のテレビ朝日系人気連ドラ「相棒」の新シリーズが10月からスタートすることが11日、分かった。「相棒season10」(水曜後9・0)と題し、7月27日に女優、檀れい(40)と婚姻届を提出した歌手で俳優、a0223592_1246817.jpg及川光博(41)の結婚後、初出演ドラマにもなる。

 2010年の「相棒season8・元日スペシャル」の共演で新妻と知り合っただけに、このほどクランクインした撮影に及川は「全力をつくします」と気合十分だ。

 02年スタートの「相棒」は11年目を迎え、09年の前作16話でシリーズ最高視聴率23・7%を記録。相棒の警視庁特命係・杉下右京役の水谷は、「『相棒』が始まったころ、シーズン10を迎えるとは夢にも思っていませんでした。改めて相棒チームの素晴らしさを感じています」と感謝した。

 今作では絶妙のコンビネーションで難事件に挑むストーリーに加え、09年から右京とコンビを組む及川演じる神戸尊の過去が詳しく明かされる。

 「-元日スペシャル」では神戸の学生時代の恋人役で檀が出演しており、今作で“夫婦初共演”を果たす可能性も!? 及川も「新展開にワクワクしています」と心を躍らせていた。
[PR]

by enni2011 | 2011-08-12 12:48 | テレビ

及川光博と檀れい 一度破局したが震災をきっかけに復縁

7月27日、入籍した及川光博(41)と檀れい(40)。ナルシストで王子様キャラの彼の突然の結婚発表にショックのあまり入院した人まで出たという。

 ふたりは2009年11月、人気ドラマ『相棒 season8 元日スペシャル』(テレビ朝日系・2010年元日放送)の収録で出会い、交際に発展した。しかし、当初はお互い結婚に慎重だったという。40才を目前に控えても、結婚に踏み出せなかった檀。一方の及川もまた結婚に二の足を踏んでいたという。

 結局、結婚まで発展することのなかったふたりは一度別れてしまう。及川自身、ブログでこう綴っている。

<ケンカもしたし、一時距離を置いたこともあった>

 そんなふたりの“運命”を再びたぐり寄せたのが、3月11日に起こったa0223592_1332266.jpg東日本大震災だった。芸能関係者は語る。

「兵庫出身の檀さんは、阪神・淡路大震災を経験していて、トラウマになっていたんです。だから今回の震災で多くの人々が亡くなるのを目の当たりにして、ずっと涙が出るほど、不安だったみたいですよ。そんな檀さんに優しく“ぼくが君を守る”と、側に寄り添ったのが及川さんだったんです。彼自身も震災に対して思うことがあって心が動かされたみたいです」

 震災後、「余震のある夜はひとりで家にいるのが怖い」「将来、ひとりで生きていくことに不安を感じた」という思いから、“誰かと支え合って生きていきたい”という“キズナ婚”が急増したが、ふたりもその一組だったようだ。

 また及川には身近なところに“夫婦の絆”を強く意識づけてくれた夫婦がいた。それは『相棒』のパートナー、水谷豊(59)と伊藤蘭(56)夫妻だ。

「4月に元キャンディーズのスーちゃん(故・田中好子さん、享年55)が亡くなったときに、ショックのあまり痩せこけるほど落ち込んでいた蘭ちゃんを温かく励ましていたのが夫の水谷さんでした。そんな夫婦の姿を見て、及川さんは“夫婦っていいものかも”と思うようになったそうです」(及川の知人)
[PR]

by enni2011 | 2011-08-06 13:33