タグ:吉永小百合 ( 1 ) タグの人気記事

吉永小百合、20年ぶり新作映画「北のカナリアたち」

東映は1日、創立60周年記念作品として、主演・吉永小百合(66)、阪本順治監督(52)が初タッグを組む映画「北のカナリアたち」(来秋公開)の製作を発表した。

 映画も大ヒットしたベストセラー小説「告白」の湊かなえさんの原作小説「往復書簡」(幻冬舎刊)の中の「二十年後の宿題」という章が原案。20年前、北海道にある日本最北の島の崖で起こった小学生の転落事故の真相を巡るサスペンスと、吉永演じる先生と6人の児童との歌を通じた心の交流が描かれる。サスペンス版「二十四の瞳」といった様相の作品となる。吉永のサスペンス作品出演は「天国の大罪」(92年公開)以来、20年ぶり。

 撮影は11月下旬から北海道の利尻島、礼文島などで行われ、来秋全国300スクリーン規模の公開を目指す。準備のために両島を訪問したという吉永は「息をのむような自然の大きさ、美しさに圧倒されました。雄大な風景の中での映画づくりに参加するうれしさに胸がときめいています」。6人の児童役はオーディションで決定する。

 以前から顔見知りながら、吉永とは初顔合わせとなる阪本監督はこの日、会見し「吉永さんの魅力を大事にしつつ、皆さんあまり見たことがないような表情もお見せしたい」。

 同席した東映の岡田裕介社長(62)や、撮影を担当する映画「劔岳 点の記」の木村大作監督(72)ら個性的なスタッフが集まるが、「しっかり自分の存在をアピールしたい」と語った。脚本は映画「デビルマン」「北の零年」の那須真知子さんが担当する。

 ◆「天使の歌声」子役オーディション開催 東映は吉永と共演する「天使の歌声」を持つ児童役の子役オーディション(男女3人ずつ)を実施する。

 応募資格は「小学3~6年生に見える子供」で、プロ・アマ、経験不問。写真と歌声を収録した音源または映像が必要となる。応募締め切りは今月15日で、来月初旬に1次面接、同中旬に2次面接を行い、合格者を決定する。詳細は公式サイト(http://www.canaria-audition.jp/)。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-02 10:28 | 映画