タグ:AKB48 ( 14 ) タグの人気記事

AKB48新ユニット「YM7」お披露目

  人気アイドルグループ「AKB48」が6日、マリンメッセ福岡で新曲「風は吹いている」発売握手会を開催。マンガ雑誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)とコラボレーションした7人組ユニット「YM7」を約1万1000人のファンにお披露目した。

  YM7のメンバーは指原莉乃(18)、河西智美(19)、宮崎美穂(18)、高城亜樹(20)、小森美果(17)、佐藤すみれ(17)、竹内美宥(15)。骨盤腹膜炎のため休養中の河西を除く6人が登場して、オリジナル曲「恋愛総選挙」を披露した。同ユニットは「週刊ヤングジャンプ」(集英社)による「YJ7」とのファン投票対決を制して結成され、指原は「私たちは(集英社のある)神保町・(講談社の)護国寺大戦で勝利いたしました!」と呼びかけた。
[PR]

by enni2011 | 2011-11-07 17:03 | 音楽

NMB48、デビュー2連続シングル1位

  AKB48の妹分で、大阪・難波を拠点に活動する「NMB48」の新曲「オーマイガー!」が、31日付のオリコン週間のシングルランキングで1位を獲得。女性グループ史上初となるデビューから2作連続首位を達成した。ソロ歌手を含めても女性史上3組目。また、デビュー2作連続での初週売り上げ20万枚超えも女性アーティストで初という快挙だ。

  秋葉原拠点の「AKB48」、名古屋の「SKE48」に続き、大阪・難波で生まれた「NMB48」が、先輩グループもなし得なかった快挙を達成した。

  元気に歌い踊るアップテンポな新曲「オーマイガー!」(今月19日発売)が、今年7月のデビュー曲「絶滅黒髪少女」に続く首位を獲得。デビューから2作連続でのシングル首位は1968年のオリコンランキング発表開始後、女性グループとして史上初の記録だ。女性ではソロを含めても薬師丸ひろ子、沢尻エリカに続く史上3組目。この2人は首位は2作止まりで、NMB48が次作も首位となれば、女性アーティスト史上初の記録となる。

  また、「オーマイガー!」は26・5万枚を売り上げ、「絶滅―」の21・8万枚に続き、デビューから2作連続の初週20万枚超え。「KAT―TUN」以来、5年3か月ぶりで、女性アーティストではソロを含めて初めてだ。

  「AKB48」は初のシングル首位獲得がメジャー14作目「RIVER」、「SKE48」は5作目「バンザイVenus」だった。昨年10月結成の「NMB48」はロケットスタートを決めたと言える。

  今年6月の選抜総選挙で28位に入った山本彩(18)は「感謝の気持ちを忘れず、そして結果に甘えず、メンバー全員47名で頑張っていきたいと思います」とコメント。また、山田菜々(19)も「『大阪はアイドル不毛の地』と言われていますが、うれしい以外に言葉が思いつかないです」と喜んだ。

  今後、12月4日にシンガポールで初の海外公演を開催予定。まだまだ勢いは止まりそうにない。
[PR]

by enni2011 | 2011-10-25 15:37 | 音楽

大島優子等身大フィギュアと初対面

  AKB48大島優子(23)が19日、東京・台場のデックス東京ビーチで開業中の「マダム・タッソー東京」(2012年1月4日まで)で、自身の等身大フィギュアと初対面した。
a0223592_1585461.jpg


  昨年の紅白歌合戦で着用した衣装姿の“自分”を見ると「うわぁ」と声をあげた。採寸は7月上旬。「ここまでそっくりとは思わなかったです。特に瞳の色が全く一緒」。胸を触り、「私の方が柔らかいですけどね」とちゃめっ気たっぷりに笑った。制作費は約1900万円。ジョニー・デップやマイケル・ジャクソンらと一緒に展示される。17日に23歳の誕生日を迎えた。フジ系「私が恋愛できない理由」(月曜・後9時)で共演している香里奈、吉高由里子に祝福されたそうで、「大人の女性に見られるように変わっていきたい」と話していた。
[PR]

by enni2011 | 2011-10-20 15:09 | エンタメ総合

AKB、「紅白応援隊」に就任

  人気アイドルグループのAKB48が、12月31日に生放送される「第62回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)の「紅白応援隊」に就任することが6日、同局から発表され、東京・渋谷のNHKで会見した。事前の関連番組に出演するほか、11月から番組の公式ホームページでメンバーが日替わりでメッセージを伝える。「Everyday、カチューシャ」や「フライングゲット」など今年もヒット曲連発で本番出場も確実。AKB48が“紅白の顔”になる。

  東日本大震災という未曽有の災害に見舞われた2011年。その締めくくりとなる紅白に、最強の応援隊が結成された。演出家のテリー伊藤氏(61)と共に務める大役。AKB48のキャプテン・高橋みなみ(20)は「私たちは5回にわたって被災地を訪問させていただきました。そこで歌の力を感じました。たくさんの笑顔に触れました。今回、少しでも多くの人に歌の力をお伝えできたらいいなと思います」と言葉に力を込めた。

  今年、AKB48が発売した3枚のシングルはすべてミリオンセールを記録。選抜総選挙やじゃんけん大会でも話題を集めた。NHKの原田秀樹チーフプロデューサー(44)は「インパクトある活動をした人気者の力を借りたい」と起用理由を明かした。復興支援活動にも積極的で「あしたを歌おう。」に決まった番組テーマにも一致した。
a0223592_9201489.jpg


  本番までの事前告知などを行う応援隊が導入されて5年。初めてグループが務めるため「AKB48ならでは」の方法で盛り上げる。番組の公式HPでメンバーが日替わりでメッセージを発信する企画が11月にもスタート。指原莉乃(18)は「ブログやツイッターでも、紅白の応援をさせていただきます」と約束し、高橋も「人数も多いので、応援隊でパフォーマンスをできたらいいな」と語った。

  本番には過去に3度、出場している。原田チーフプロデューサーは「(選考は)これから」と話すが、活躍を見れば3年連続4度目の出場は確実だ。この日の会見後、前田敦子(20)らメンバーは早速、PR番組などの収録に取り組んだ。番組の平均視聴率は1999年の後半で50・8%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)して以降、50%の大台超えはない。最強のアイドルグループの影響力で視聴率アップも狙う。
[PR]

by enni2011 | 2011-10-07 09:21 | エンタメ総合

AKB48、楽曲3曲がトップ3を独占

AKB48が、19日付の「オリコン・カラオケランキング」で楽曲3曲がトップ3を独占。1位は「ヘビーローテーション」、2位は「フライングゲット」、3位は「Everyday,カチューシャ」。オリコンが1994年12月26日付でカラオケ-を発表して以来、同一アーティストによるトップ3独占は初めて。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-23 09:30 | 音楽

AKB宮澤、秋元に告白!?

AKB48チームKのメンバー、宮澤佐江(21)が22日、都内で行われた舞台「スーパーLIVEショー ダブル☆ヒロイン」に出演。アンドロイドの女子高生役で、秋元才加(23)演じる敏腕女刑事とと力を合わせて巨悪と戦う。秋元に「私、好きになっちゃいそう」と告白するシーンなどで約880人のファンを沸かせた。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-23 09:28 | エンタメ総合

麻里子様、超能力で“じゃんけん”完勝!



  20日に行われたAKB48の「第2回じゃんけん大会」で優勝した篠田麻里子(25)が一夜明けた21日、都内で取材に応じ「うれし涙も、じゃんけんに人生をかけたのも生まれて初めて」と笑顔で振り返った。12月7日発売のシングルで初のセンターを務めるが「みんなで盛り上がれる曲だとうれしい」と願った。

  涙のVから一夜、篠田が笑顔で“激闘”を振り返った。「淡々と勝ってしまったので、実感がなくて…。(優勝の瞬間は)あまり覚えてないんです」。早朝、優勝を報じるスポーツ紙をすべて買い、隅々まで読んだ。「自分のいいニュースが、でかでかと載ってて…夢だったんです!」。喜びがこみあげてきた。この日は日テレ系「PON!」に生出演したが、局の前でファンから次々と「じゃ~んけん!」と勝負を要求され、反響の大きさも感じ取った。

  じゃんけん大会優勝を報じる21日のスポーツ報知を手にする篠田 「最初は若い子に選抜を譲る気でした」。勝負師のスイッチが切り替わったのは、同じく選抜常連組の小嶋陽菜がひと足先に選抜入りを決めた瞬間。素直に喜ぶ小嶋の姿に「ガチ」の姿勢を思い出し「うらやましいのと、気が楽になった」。

  3回戦に勝ち、選抜入りを決めると目の色を変え、本気で優勝を狙った。「気合が入ったら、負ける気がしなかった。拳を合わせた瞬間にテレパシーが伝わってくるんです」と胸を張った。

  センターを主張したことはない。「あこがれはなくはないけど、私はでかいし、(センターだと)邪魔だろうな」。だが昨年、フジ系「ミュージックフェア」に出演した際に務めた唯一のセンター姿はしっかりと録画。「(その時の)レッスンも張り切ってました」と、ひそかに喜んでいた。

  新曲について、総合プロデューサーの秋元康氏からは冗談半分で「ブリブリでカワイイ曲をつくる」と言われたそうだが「ファンの人も盛り上がれる曲がうれしい」。篠田のほかにも、小嶋、秋元才加ら長身メンバーが入ったことに「インパクトはある。体育会系で強いメンバーもいる」と“最強選抜”となることを宣言。

  この日夜には、LISMOチャンネル「麻里子姫はアプリがお好き♪」の生放送にも出演。改めて喜びを報告し、大忙しの一日を締めくくった。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-22 09:52 | エンタメ総合

麻里子さん!AKBじゃんけん新女王

  AKB48・24thシングル選抜じゃんけん大会(20日、東京・日本武道館)国民的アイドル集団、AKB48が20日、東京・日本武道館で24枚目のシングル(タイトル未定、12月7日発売)を歌う選抜メンバーを決める「じゃんけん大会」を開催し、篠田麻里子(25)が優勝した。6試合を勝ち抜き68人の頂点に立った篠田は「初のセンターポジションなので素敵なシングルにしたい」と満面の笑み。伏兵、藤江れいな(17)が2位に躍進した。

  お姉さん的存在としてメンバーをまとめてきた篠田。いつも笑みを絶やさない優しいまなざしが、決勝の舞台で勝負師の目になっていた。

 相手は下克上を狙って勝ち上がった伏兵、チームKの藤江れいな(17)。「パー」「チョキ」「パー」とあいこが続く手に汗握る攻防を繰り広げ、最後は「グー」を出して栄冠をゲットした。

 その瞬間、手で顔を覆って号泣し、「正直、初戦で負けるつもりで、というか負けると思っていました」と吐露。「だから今ここに立っているのが不思議でたまらない。トロフィーを持っているのが不思議でたまらない」と声を絞り出した。そして、ひと呼吸置き、誇らしげに優勝トロフィーを掲げて「今めちゃくちゃうれしいです」と笑顔を弾けさせた。
a0223592_9312130.jpg


 苦しい6連戦だった。個性的なコスチュームを披露するメンバーが多い中、篠田は普段着に近いチェックのワンピースで登場。昨年2回戦で敗退しただけに、耳にじゃんけんのチョキ型ピアスを光らせ、控えめにやる気を示していた。

 初戦の相手はAKB48チームBの近野莉菜(18)。勝利の瞬間、目を丸くして思わず「ごめんね」と口元が動いた。後輩思いの篠田の本音が漏れ出た瞬間だった。

 だが、勝負を重ねるにつれ表情が変化。最も険しくなったのは準決勝で峯岸みなみ(18)と対峙したときだ。2回連続であいこになると、キッと前を見据えた。まなざしは真剣そのもの。力いっぱい腕を振り切り、「パー」で決勝へと駒を進めた。

 藤江との死闘を制した篠田は、24枚目シングルのセンターで歌う権利をゲット。さらにうれしい知らせが届いた。AKB選抜メンバーが出演する11月中旬放送の製菓会社「UHA味覚糖」のCMでも、センターを務めることがサプライズで発表された。

 CMは来月初旬から撮影を開始。選抜メンバーは常連ながら、初めて経験するセンターポジションに「初のセンターということで素敵なシングルにしたいと思います」と意欲をみなぎらせた。

 1万1000人を動員した会場は、6月9日の「第3回選抜総選挙」以上の盛り上がりをみせた。大会にはAKB48本隊から参加した56人に加え、予選を勝ち抜いた研究生3人、SKE48から5人、NMB48から4人とファミリーが勢ぞろいする過去最大規模のイベントに。この模様は国内99カ所のほか、香港、台湾、シンガポール、韓国、タイの映画館でも生中継。海外でも「篠田麻里子」の名を強烈にアピールした。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-21 09:31 | エンタメ総合

AKB48、新曲売上累計150万枚を突破

  アイドル集団、AKB48の新曲「フライングゲット」が、26日付オリコン週間シングルランキングで売上累計150万枚を突破したことが19日、分かった。

  オリコンによると、同曲の売上が発売4週目で152・1万枚に到達。累計157・3万枚を売り上げた5月25日発売の前作「Everyday、カチューシャ」に続き、2作連続で売上が150万枚を突破した。
a0223592_9512758.jpg


  2作連続150万枚突破は1993年に人気ロックユニットのB’zが初記録。その後94、96年にはMr.Children、98年にKinKi Kids、2000年に宇多田ヒカル(28)が達成した。AKBは宇多田以来11年4カ月ぶり5組目で、女性グループとしては史上初の快挙となった。

  AKBは20日、東京・北の丸の日本武道館で「24th シングル選抜じゃんけん大会」を開催。昨年に続き2回目だが、新曲の歴史的大ヒットの勢いで昨年以上の注目をゲットしそうだ。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-20 09:57 | 音楽

「AKB48 第2回じゃんけん大会」4ページ抜き取り特集

 スポーツ報知は13日付で「AKB48 第2回じゃんけん大会」(20日、日本武道館)の4ページ抜き取り特集を掲載します。出場者の名鑑、トーナメント表、注目の対戦カードなど、情報が満載。「じゃんけん大会って何だ?」というお父さんの疑問にも答える、必読の保存版特集です。ご期待下さい。
[PR]

by enni2011 | 2011-09-10 10:28 | エンタメ総合